研究業績一覧

これまでの研究業績の一覧

Google Scholar

出版物

原著論文

[2] Hara, A., Iwanami, S., Ito, Y., Miura, T., Nakaoka, S., and Iwami, S.. Revealing uninfected and infected target cell dynamics from peripheral blood data in highly and less pathogenic simian/human immunodeficiency virus infected Rhesus macaque. Journal of Theoretical Biology. 479:29-36. (2019). DOI: 10.1016/j.jtbi.2019.07.005.
[1] Iwanami, S., Kakizoe, Y., Morita, S., Miura, T., Nakaoka, S., and Iwami, S.. A highly pathogenic simian/human immunodeficiency virus effectively produces infectious virions compared with a less pathogenic virus in cell culture. Theoretical Biology and Medical Modeling. 14:9. (2017). DOI: 10.1186/s12976-017-0055-8.

総説

[1] Iwanami S and Iwami S. Quantitative Immunology by Data Analysis Using Mathematical Models. Encyclopedia of Bioinformatics and Computational Biology. Volume 2: 984-992. (2019). DOI: B978-0-12-809633-8.20250-1.

日本語論文

[4] 岩波翔也、山本玲、岩見真吾、波江野洋. 骨髄球バイパスを含む造血システムの数理モデルを用いた1細胞移植実験のデータ解析. 数理解析研究所講究録. No.2087:77-85. 京都大学数理解析研究所. (2018). 京都大学学術情報リポジトリKURENAI(速報版).
[3] 岩波翔也、山本玲、岩見真吾、波江野洋. 骨髄球バイパスを含む造血システムの数理モデル. 数理解析研究所講究録. 京都大学数理解析研究所. (2017). 京都大学学術情報リポジトリKURENAI.
[2] 岩波翔也. 長期的な再生産能力を持った骨髄球系前駆細胞を含む造血システムの数理モデル. 日本数理生物学会ニュースレター. No.80 Supplement, pp.8. 日本数理生物学会. (2016).
[1] 岩波翔也. 長期的な再生産能力を持った骨髄球系前駆細胞を含む造血システムの数理モデル. 日本数理生物学会ニュースレター. No.79, pp.4-5. 日本数理生物学会. (2016).

受賞等

-1

[1]

Beautiful Poster賞

2019年1月30日

第13回九州大学システム生命科学府オールラボポスターコンテスト


発表等

国際学会等

-1
-2
-3
-4
-5
-6
-7

[7]

A quantitative comparison between hepatitis C virus JFH-1 and Jc1 by a PDE multiscale model of virus infection

Shoya Iwanami, Kosaku Kitagawa, Hirofumi Ohashi, Yusuke Asai, Koichi Watashi, Shingo Iwami

9th International Congress on Industrial and Applied Mathematics (ICIAM 2019)

Organizer: The International Council for Industrial and Applied Mathematics, Sociedad Española de Matemática Aplicada (SEMA)

開催場所:Blasco Ibáñez Campus of the Universitat de València, Valencia, Spain / 発表日:July 16, 2019 / 開催日:July 15, 2019 - July 19, 2019

[6]

Data analysis of single-cell transplantation

Shoya Iwanami, Ryo Yamamoto, Shingo Iwami and Hiroshi Haeno

11th European Conference on Mathematical & Theoretical Biology and SMB Annual Meeting

Organizer: European Society for Mathematical and Theoretical Biology

開催場所:The University of Lisbon, Lisbon, Portugal / 発表日:July 24, 2018 / 開催日:July 23, 2018 - July 27, 2018

[5]

Data analysis of single-HSC transplantation

Shoya Iwanami, Ryo Yamamoto, Shingo Iwami and Hiroshi Haeno

2018 Annual Meeting of the Society for Mathematical Biology & the Japanese Society for Mathematical Biology

Organizer: Society for Mathematical Biology and Japanese Society for Mathematical Biology

開催場所:The University of Sydney, Sydney, Australia / 発表日:July 9, 2018 / 開催日:July 8, 2018 - July 12, 2018

[4]

Data analysis of single-cell transplantation using mathematical model of Hematopoietic system with myeloid bypass

Shoya Iwanami, Ryo Yamamoto, Shingo Iwami and Hiroshi Haeno

Viral Immune Dynamics Workshop

Organizer: Miles Davenport, The Kirby Institute, UNSW

開催場所:The University of New South Wales, Sydney, Australia / 発表日:December 4, 2017 / 開催日:December 4, 2017

[3]

Mathematical model of hematopoietic system with myeloid bypass

Shoya Iwanami, Ryo Yamamoto, Shingo Iwami and Hiroshi Haeno

The 2017 Society for Mathematical Biology Annual meeting

Organizer: Society for Mathematical Biology

開催場所:The University of Utah, UT, USA / 発表日:July 17, 2017 / 開催日:July 17, 2017 - July 20, 2017

[2]

Mathematical model of hematopoietic system with myeloid-restricted progenitors with long-term repopulating activity

Shoya Iwanami, Ryo Yamamoto, Shingo Iwami and Hiroshi Haeno

Systems Approaches in Immunology and Infectious Diseases

Organizer: The Center for Nonlinear Studies at Los Alamos National Laboratory

開催場所:Santa Fe, NM, USA / 発表日:September 27, 2016 / 開催日:September 27, 2016 - September 28, 2016

[1]

Mathematical model of hematopoietic system with myeloid-restricted progenitors with long-term repopulating activity

Shoya Iwanami, Ryo Yamamoto, Shingo Iwami and Hiroshi Haeno

10th European Conference on Mathematical & Theoretical Biology and SMB Annual Meeting

Organizer: European Society for Mathematical and Theoretical Biology and Society for Mathematical Biology

開催場所:Nottingham, UK / 発表日:July 12, 2016 / 開催日:July 11, 2016 - July 15, 2016

国内学会等

-1
-2
-3
-4
-5
-6
-7
-8
-9
-10
-11
-12
-13
-14
-15
-16
-17
-18
-19
-20
-21
-22
-23
-24
-25

[25]

造血幹細胞分化における骨髄球バイパスの機能

岩波翔也

第29回日本数理生物学会年会

主催者:日本数理生物学会

開催場所:東京工業大学大岡山キャンパス, 東京 / 発表日:2019年9月14日 / 開催日:2019年9月14日 - 2019年9月16日

[24]

造血幹細胞分化の数理モデルと1細胞移植実験のデータ解析

岩波翔也

第3回学際的がん研究夏の学校@別府

主催者:新井田厚司(東京大学医科学研究所)

開催場所:九州大学病院別府病院, 大分 / 発表日:2019年7月27日 / 開催日:2019年7月27日

[23]

マルチスケールモデルによるHCV感染動態の定量的解析

岩波翔也

第76回京都駅前セミナー

主催者:川上竜樹 (龍谷大学理工学部) , 森田善久 (龍谷大学理工学部), 村川秀樹 (龍谷大学理工学部), 岩見真吾 (九州大学大学院 理学研究院 生物科学部門)

開催場所:キャンパスプラザ京都, 京都 / 発表日:2019年5月28日 / 開催日:2019年5月28日 - 2019年5月29日

[22]

HCV JFH-1株とJc1株の感染動態の定量的解析

岩波翔也

第16回ウイルス学キャンプ

主催者:ウイルス学キャンプ実行委員会

開催場所:ニューウェルシティ湯河原, 静岡 / 発表日:2019年5月28日 / 開催日:2019年5月28日 - 2019年5月29日

[21]

造血幹細胞移植実験のデータ解析

岩波翔也

新学術領域「細胞ダイバース」第2回若手ワークショップ

主催者:新学術領域「細胞ダイバース」

開催場所:仙台秋保 岩沼屋, 宮城 / 発表日:2019年2月28日 / 開催日:2019年2月28日 - 2019年3月1日

[20]

造血幹細胞分化の数理モデルと1細胞移植実験のデータ解析

岩波翔也

第3回理論免疫学ワークショップ

主催者:岩波翔也(九州大学大学院システム生命科学府)

開催場所:秋田市にぎわい交流館, 秋田 / 発表日:2019年1月24日 / 開催日:2019年1月24日 - 2019年1月25日

[19]

A comparison between HCV JFH-1 and Jc1 strains by quantitative analysis of infection dynamics

Shoya Iwanami, Kosaku Kitagawa, Hirofumi Ohashi, Yusuke Asai, Koichi Watashi, Shingo Iwami

Innovative Mathematical Modeling for the Analysis of Infectious Disease Data (IMAID 2018)

主催者:ID modeling group

開催場所:Hanabishi Hotel, Hokkaido, Japan / 発表日:2019年1月17日 / 開催日:2019年1月17日 - 2019年1月18日

[18]

造血幹細胞移植実験のデータ解析

岩波翔也

文部科学省科学研究費補助金新学術領域研究(研究領域提案型)「細胞社会ダイバーシティーの統合的解明と制御」(略称:細胞ダイバース)第3回公開シンポジウム「1細胞統合解析を駆使した組織内ダイバーシティー解明への挑戦」

主催者:文部科学省 科研費新学術領域研究「細胞ダイバース」

開催場所:東京大学弥生キャンパス内弥生講堂・一条ホール, 東京 / 発表日:2019年1月15日 / 開催日:2019年1月15日

[17]

マルチスケールモデルによるHCV感染動態の定量的解析

岩波翔也, 北川耕咲, 大橋啓史, 中岡慎治, 浅井雄介, 渡士幸一, 岩見真吾

2018年度応用数学合同研究集会

主催者:日本数学会応用数学分科会

開催場所:龍谷大学瀬田キャンパス, 滋賀 / 発表日:2018年12月15日 / 開催日:2018年12月13日 - 2018年12月15日

[16]

A comparison between HCV JFH-1 and Jc1 strains by quantitative analysis of infection dynamics

Shoya Iwanami,Hirofumi Ohashi,Yusuke Asai,Koichi Watashi,Shingo Iwami

第66回日本ウイルス学会学術集会

主催者:日本ウイルス学会

開催場所:京都テルサ, 京都 / 発表日:2018年10月29日 / 開催日:2018年10月28日 - 2018年10月30日

[15]

造血幹細胞移植実験のデータ解析

岩波翔也

第15回「生物数学の理論とその応用」-次世代の数理科学への展開-

主催者:岩見真吾(九州大学大学院理学研究院)

開催場所:京都大学数理解析研究所, 京都 / 発表日:2018年9月13日 / 開催日:2018年9月10日 - 2018年9月14日

[14]

HCV JFH-1株およびJc1株のマルチスケール感染の定量的研究

岩波翔也、北川耕咲、大橋啓史、中岡慎治、浅井雄介、岩見真吾、渡士幸一

第15回ウイルス学キャンプ

主催者:ウイルス学キャンプ実行委員会

開催場所:ニューウェルシティ湯河原, 静岡 / 発表日:2018年6月6日 / 開催日:2018年6月6日 - 2018年6月7日

[13]

1細胞移植実験のデータ解析

岩波翔也、山本玲、岩見真吾、波江野洋

第2回理論免疫学ワークショップ

主催者:岩波翔也(九州大学大学院システム生命科学府)

開催場所:富山県民共生センターサンフォルテ, 富山 / 発表日:2018年2月3日 / 開催日:2018年2月2日 - 2018年2月3日

[12]

マルチスケールモデルを用いたHCV感染動態の定量的解析

岩波翔也、北川耕咲、大橋啓史、中岡慎治、浅井雄介、渡士幸一、岩見真吾

2017年度応用数学合同研究集会

主催者:日本数学会応用数学分科会

開催場所:龍谷大学, 滋賀 / 発表日:2017年12月15日 / 開催日:2017年12月14日 - 2017年12月14日

[11]

Data analysis of single-cell transplantation using mathematical model of hematopoietic system with myeloid bypass

岩波翔也、山本玲、岩見真吾、波江野洋

特別計画 RIMS 共同研究(公開型) 第 14 回「生物数学の理論とその応用」―構造化個体群モデルとその応用―

主催者:昌子浩登(関西学院大学理工学部数理科学科)

開催場所:京都大学, 京都 / 発表日:2017年11月8日 / 開催日:2017年11月10日 - 2017年11月10日

[10]

Characterizing SHIV infection in vitro

Iwanami S. and Iwami S.

Innovative Mathematical Modeling for the Analysis of Infectious Disease Data (IMAID2017)

主催者:ID modeling group

開催場所:Institute of Statistical Mathematics, Tokyo, Japan / 発表日:2017年10月23日 / 開催日:2017年10月23日 - 2017年10月23日

[9]

Data analysis of single-cell transplantation using mathematcal model of hematopoietic system with myeloid bypass

岩波翔也、山本玲、岩見真吾、波江野洋

第27回日本数理生物学会年会

主催者:日本数理生物学会

開催場所:北海道大学, 札幌 / 発表日:2017年10月8日 / 開催日:2017年10月6日 - 2017年10月8日

[8]

Systems bone biology -骨の包括的理解から疾患制御へ-

岩波翔也、中岡慎治、野下浩司、岩見真吾、篠原正浩

第3回日本骨免疫学会

主催者:日本骨免疫学会

開催場所:ANAコンチネンタルリゾートホテル, 沖縄 / 発表日:2017年6月27日 / 開催日:2017年6月27日 - 2017年6月29日

[7]

HCV JFH-1株とJ6/JFH-1株の感染動態の定量的解析

岩波翔也、北川耕咲、大橋啓史、中岡慎治、浅井雄介、岩見真吾、渡士幸一

第14回ウイルス学キャンプ

主催者:ウイルス学キャンプ実行委員会

開催場所:ニューウェルシティ湯河原, 静岡 / 発表日:2017年6月5日 / 開催日:2017年6月5日 - 2017年6月6日

[6]

骨髄球バイパスを含む造血システムの数理モデル

岩波翔也、山本玲、岩見真吾、波江野洋

第3回数理生物学交流発表会

主催者:佐藤一憲(静岡大学大学院総合科学技術研究科)

開催場所:静岡大学浜松キャンパス, 静岡 / 発表日:2017年2月19日 / 開催日:2017年2月19日

[5]

骨髄球バイパスを含む造血システムの数理モデル

岩波翔也、山本玲、岩見真吾、波江野洋

第1回理論免疫学ワークショップ

主催者:岩波翔也(九州大学大学院システム生命科学府)

開催場所:JMSアステールプラザ, 広島 / 発表日:2017年1月19日 / 開催日:2017年1月19日 - 2017年1月20日

[4]

骨髄球バイパスを含む造血システムの数理モデル

岩波翔也、山本玲、岩見真吾、波江野洋

2016年度応用数学合同研究集会

主催者:日本数学会応用数学分科会

開催場所:龍谷大学, 滋賀 / 発表日:2016年12月15日 / 開催日:2016年12月15日 - 2016年12月17日

[3]

骨髄球バイパスを含む造血システムの数理モデル

岩波翔也、山本玲、岩見真吾、波江野洋

RIMS研究集会 第13回「生物数学の理論とその応用」-連続および離散モデルのモデリングと解析-

主催者:大崎浩一(関西学院大学理工学部)

開催場所:京都大学数理解析研究所, 京都 / 発表日:2016年11月16日 / 開催日:2016年11月14日 - 2016年11月17日

[2]

Mathematical model of hematopoietic system with myeloid bypass

Iwanami S., Yamamoto R., Iwami S. and Haeno H.

Innovative Mathematical Modeling for the Analysis of Infectious Disease Data (IMAID2016)

主催者:ID modeling group

開催場所:Kobe University, Kobe, Japan / 発表日:2016年10月12日 / 開催日:2016年10月11日 - 2016年10月12日

[1]

Mathematical model of hematopoietic system with myeloid-restricted progenitors with long-term repopulating activity

Iwanami S., Yamamoto R., Iwami S. and Haeno H.

The 2016 (16th) annual meeting of The Japanese Society for Mathematical Biology

主催者:日本数理生物学会

開催場所:Kyushu University, Fukuoka, Japan / 発表日:2016年9月9日 / 開催日:2016年9月7日 - 2016年9月9日

セミナーなど

-1
-2
-3
-4

[4]

造血幹細胞移植の数理モデルと定量的データ解析

岩波翔也

岩手数理科学セミナー

開催場所:岩手大学理工学部, 岩手 / 発表日:2018年8月28日

[3]

Data analysis of single-cell transplantation using mathematical model of hematopoietic system with myeloid bypass

Shoya Iwanami

Seminar @Nakauchi Lab

開催場所:Stanford University School of Medicine, Stanford, CA, USA / 発表日:2017年7月25日

[2]

Mathematical model of hematopoietic system with myeloid bypass

Shoya Iwanami

ME seminar @Mathematical Biology Laboratory

主催者:Mathematical Biology Laboratory, Kyushu University

開催場所:Kyushu University, Fukuoka, Japan / 発表日:2017年2月7日

[1]

Mathematical model of hematopoietic system with myeloid bypass

Shoya Iwanami

Seminar @Nakauchi Lab

開催場所:Stanford University School of Medicine, Stanford, CA, USA / 発表日:2016年10月3日

Footer

最終更新日:2019年9月25日

©2018-2020 | Shoya Iwanami