ShoyaIWANAMI.com

Welcome to Shoya Iwanami's web page

A researcher of Mathematical Biology

Stats

9

Publications

英語/日本語学術論文・総説

32

Presentations

国際/国内学術会議での発表

1

Competitive research funds

現在/過去の競争的獲得資金

6

Workshop and Symposium

ワークショップやシンポジウムの開催

BASIC INFO.

岩波翔也 / Shoya Iwanami, Ph.D.

学術研究員

九州大学数理生物学研究室
Mathematical biology laboratory, Kyushu University
九州大学大学院理学研究院生物科学部門
Department of Biology, Faculty of Science, Kyushu University

ORCID iD iconhttps://orcid.org/0000-0003-1474-5348
九州大学数理生物学研究室ウェブサイト

EDUCATION

2015.4 九州大学数理生物学研究室配属
2016.3 九州大学理学部生物学科卒業
2016.4 九州大学大学院システム生命科学府入学
2020.9 九州大学大学院システム生命科学府5年一貫制博士課程修了(早期修了)
博士(理学)指導教官:岩見真吾准教授

PROFESSIONAL EXPERIENCE

2016.4-2020.9 九州大学理学部ティーチング・アシスタント(数理生物学演習)
2018.4-2019.3 九州大学大学院システム生命科学府リサーチ・アシスタント
2019.4-2020.9 日本学術振興会特別研究員DC2(早期修了のため辞退)
2020.9- 九州大学大学院理学研究院生物科学部門学術研究員

News

お知らせ

現在お知らせはありません。

新着情報

2020.09.29 2020年9月25日に行われた学位記授与式にて学位を取得しました。 [詳細]
2020.07.31 PLOS Biologyに論文が出版されました。 [詳細]
2020.02.14 2020年2月12日(水)から2020年2月13日(木)にKKRホテル熱海にて開催された新学術領域「細胞ダイバース」第3回若手ワークショップに参加し、発表を行いました。 [詳細]
2020.02.01 2020年1月27日(月)から2020年1月31日(金)に京都大学数理解析研究所にて開催され第16回生物数学の理論とその応用〜生命現象の定量的理解に向けて〜に参加し、発表を行いました。 [詳細]
2020.01.24 2020年1月10日(金)から2020年1月11日(土)にHotel芙蓉倶楽部にて開催された第4回理論免疫学ワークショップを主催し、発表を行いました。 [詳細]

- 過去の新着情報 -

Achievements

PUBLICATIONS

研究業績一覧

原著論文

Should a viral genome stay in the host cell or leave? A quantitative dynamics study of how hepatitis C virus deals with this dilemma
Shoya Iwanami, Kosaku Kitagawa, Hirofumi Ohashi, Yusuke Asai, Kaho Shionoya, Wakana Saso, Kazane Nishioka, Hisashi Inaba, Shinji Nakaoka, Takaji Wakita, Odo Diekmann, Shingo Iwami and Koichi Watashi
PLOS Biology 18(7): e3000562
(2020)
DOI: 10.1371/journal.pbio.3000562

Revealing uninfected and infected target cell dynamics from peripheral blood data in highly and less pathogenic simian/human immunodeficiency virus infected Rhesus macaque
Hara A., Iwanami S., Ito Y., Miura T., Nakaoka S., and Iwami S.
Journal of Theoretical Biology 479:29-36
(2019)
DOI: 10.1016/j.jtbi.2019.07.005

A highly pathogenic simian/human immunodeficiency virus effectively produces infectious virions compared with a less pathogenic virus in cell culture
Iwanami S., Kakizoe Y., Morita S., Miura T., Nakaoka S., and Iwami S.
Theoretical Biology and Medical Modeling 14:9
(2017)
DOI: 10.1186/s12976-017-0055-8

原著論文一覧 >

総説

Quantitative Immunology by Data Analysis Using Mathematical Models
Iwanami S and Iwami S
Encyclopedia of Bioinformatics and Computational Biology Volume 2: 984-992
(2019)
DOI: B978-0-12-809633-8.20250-1

総説一覧 >

日本語論文など

新型コロナウイルスの生体内感染動態の定量化とその応用/数理科学で挑む新型コロナウイルス感染症治療の確立
岩波翔也・キム・クァンス・藤田泰久・江島啓介・岩見真吾
数学セミナー 2020年9月号 通巻 707号, pp33-39
京都大学数理解析研究所 (2020)

骨髄球バイパスを含む造血システムの数理モデルを用いた1細胞移植実験のデータ解析
岩波翔也、山本玲、岩見真吾、波江野洋
数理解析研究所講究録 No.2087:77-85
京都大学数理解析研究所 (2018)
京都大学学術情報リポジトリKURENAI(速報版)

日本語論文一覧 >

Footer

最終更新日:2020年9月29日

©2018-2020 | Shoya Iwanami